So-net無料ブログ作成

「西の賢治会」 in 奈良! [旅]

  月あかりまひるの中に入り来るは馬酔木の花のさけるなりけり。 

  あぜみ咲きまひるのなかの月あかりこれはあるべきことにあらねど。

asibi.jpg


大正10年4月初め、東京に家出中の賢治は父・政次郎と二人で
伊勢・京都・奈良へと旅をしました。

今年1月23日、ちょうど賢治が家出をしたほぼ同時刻の列車に乗り
日の出を見ようと企てたのは「緑いろの通信」の加倉井さん。
「宮沢賢治家出90周年記念・月沈ミテ日出ズ」
何とも笑える、しかし実に素敵な企画でした。

そうか…!
じゃあその年の4月に父子旅行したのだから
その頃に伊勢・京都・奈良に行くというのはどうかなぁ…
と勝手に夢想していたのですが
なんと、ほぼそれが実現してしまいました。

“伊勢”出身の私は作家・寮美千子さんにお会いするため“奈良”へ。
“京都”在住の「宮沢賢治の詩の世界」の浜垣さんもご一緒。
主にツイッターを通して交流して頂いているお二人で、
寮さんの提案で「西の賢治会」をやりましょう、ということになったのです。
これも不思議なご縁だと思います。

私は新幹線で京都まで行き
JR奈良線で奈良駅へ。
賢治は大正5年の修学旅行の時
農事試験場を見学した後、桃山駅から乗車しています。
時間の都合で快速に乗ったので桃山駅は車窓から見ただけでした。

JR奈良駅から徒歩で近鉄奈良駅に。
「雨にもまけず」詩碑は、話には聞いていましたが
実際に見ると想像以上に可愛そうなことになっていました。

sihi.jpg

サングラスに赤い自転車で現れた寮さん、かっこよかった!

美味しいフランス料理のランチをごちそうになってから
奈良のまちを案内して頂きました。

寮さんは風邪をひかれていて
まだ治りきっておられなかったのですが
いろいろと案内して頂いて恐縮でした。

奈良公園の猿沢池ほとりで寮さんのご主人と合流。

sarusawa.jpg

途中で浜垣さんと私もレンタサイクルを借りて
4人で奈良のまちを気持ちよい風に吹かれて走りました。

東大寺、二月堂を案内して頂いて
お水取りのことなども詳しく教わり
桜満開の奈良を堪能しました。
daibutudenn.jpg


私たちが見たいと思っていたのは冒頭の短歌にある馬酔木の花。
賢治はこの奈良で桜を詠んでいません。
あえてのことなのかとも思っていましたが
寮さんによれば、奈良は東京より開花が遅いとのお話。
賢治はこの旅行の後、東京に帰ってから桜を詠んでいるので
奈良にいる時には桜はまだ咲いていなかった可能性が大きいようです。

浜垣さんが調査し、場所を特定して下さった
奈良県農事試験場跡」を見ることも今回の楽しみのひとつ。

nouzisikennzyou.jpg
見てきましたよ~。


ならまちの個性的なおじさんのお店に顔を出したり
螺鈿の師匠の所にお邪魔してお話を伺ったり…。
本物の国宝級螺鈿細工を手にとって見ることができ、
とても貴重な体験でした。

あっという間に帰りの時間がせまり
名残惜しくみなさんとお別れしてきました。

歴史と共にある美しいまち、奈良。
住みやすく、心地の良い街だと感じました。

寮さん、松永さん、浜垣さん、
お忙しいなか、ほんとうにありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしています。

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 2

mishimahiroshi

よかったですね。

小学校の修学旅行で奈良に行きました。
引率の教師が、

 馬酔木は毒があるから馬が食べない。
 鹿も食べない。
 だから鹿だらけの奈良には馬酔木だけが残っている。

とかってまことしやかに話していたのを覚えています。
実際、奈良公園辺りは馬酔木だらけですね。

昨年夏、奈良に久しぶりに行きました。
飛び込みで入った和菓子屋の蕨餅のおいしかったこと。
外観は小さい壊れそうな店でしたが店主は若く、店内には宮内庁御用達と書かれていました。
有名な店だったのかも。
by mishimahiroshi (2011-04-15 09:04) 

signaless

mishimahiroshi様
ありがとうございます。

華やかな桜の陰で、一見地味な馬酔木ですが、
白い釣り鐘状の花はとても清楚でした。
賢治が好んだのもうなずけます。

私は奈良は10年以上ぶりでした。
花巻もいいけど、奈良に住むというのもいいかなぁ…なんちゃって。
まちに住む人々の人情のようなものを
垣間見ることができた気がします。
その辺りも普通の旅行とは違うところ。
大変贅沢で幸せな時間を過ごすことができました。

by signaless (2011-04-15 19:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。