So-net無料ブログ作成
検索選択

嘉内のハレー彗星 in 名古屋市科学館 [保阪嘉内]

5月3日、名古屋市科学館に行ってきました。

目的は話題のプラネタリウム!
  …といいたいところですが実は
賢治の心友・保阪嘉内が中学時代に描いた“ハレー彗星のスケッチ”。
5階「宇宙のすがた」展示室に常設展示されています。

展示の経緯は「緑いろの通信」3月27日の記事に詳しいです。

kanai.jpg
携帯カメラで写りが悪くてスミマセン)

「天文の世界では野尻抱影さんの本を読んでいないと叱られます」と、
案内して下さった科学館の毛利さんが仰っていましたが
その野尻抱影の教え子だった保阪嘉内が
抱影指導のもとに甲府中学の寄宿舎からハレー彗星を観測
描いたスケッチがこの一枚です。

それがまさか約100年後、貴重な資料ということで
このように展示されることになろうとは
描いた本人も夢にも思っていなかったことでしょう。

嘉内のスケッチ帳には他に山や風景や静物画など
素晴らしい作品が満載。
デザイン的なイラストもあって豊かな才能を感じます。


この3月にリニューアルオープンした科学館は非常に人気で
普段でも大変並ぶということでしたが
GWということもあってチケットを求める人が超長蛇の列。
後のほうの人はいったいいつになったら入れるかと気が遠くなりそう。

見に行きたくてもこんな状況なので
ほとぼりが冷めるは無理!とか思っていたのですが
アザリア記念会の向山事務局長から電話でお誘いを頂いて
保阪庸夫先生、向山さん、新村さんの一行に
私も同行させて頂くことになりました。有難いことでした。

30年ぶりに名古屋城も見ることができました。
(地元だとかえって行きません)
お食事やお茶、それからちょっと一杯も…w
半年ぶりにたくさんお話を伺って
楽しい一日を過ごさせて頂きました。

一人ずつ「ではまた」の握手をして改札を見送ったとき
胸がいっぱいになってしまいました。

いつも韮崎の人たちと接するときに感じるのはその温かさ。
いわばよそ者の私にもはじめからそのように接してくれたのは勿論、
たいした働きもできない私を
今では当然の一員のように扱ってくれる。
賢治と嘉内の事だけでなく
様々なことを教わっている気がします。

今年9月には韮崎市でまた大きなイベントもありそう。
賢治と嘉内の友情の絆が
またさらに新しい展開となって拡がることを
あらためて願います。

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 4

寮美千子

保阪嘉内さん、野尻抱影さんの教え子だったんですよね。
わたしの祖父の寮佐吉は、野尻抱影さんが研究社の編集者だった頃、
研究社の雑誌に「科学時文」など、科学系の記事を書いていました。
記録にはないけれど、その頃、接触があったかもしれません。

みな、同じ時代を生きた人。
当時はもちろんネットなんかなかったけれど、
同じ興味があれば、どこかで、何か糸がつながっているのかもしれないな、
なんて思いました。


by 寮美千子 (2011-05-10 14:52) 

signaless

寮さん、コメントありがとうございます。

人のつながりはじつに不思議ですね。
抱影さんとお祖父様にそのような接点があったとは!

ほかにも面白いことを思い出しました。
賢治の「注文の多い料理店」を出版した光原社の及川四郎さんは賢治の後輩ですが、民芸運動の提唱者・柳宗悦と知り合い、光原社はその工芸家・芸術家のサロンとなりました。
その中の一人が棟方志功。賢治の「グスコーブドリの伝記」が昭和7年4月に雑誌『児童文学』第2号に発表された時に挿絵を描きました。
遡って、柳宗悦が山梨を訪れたときに発見したのが長い間人々に忘れ去られていた木喰上人の木喰仏。
そしてそのいきさつを新聞記事に連載したのが、保阪嘉内でした。

果たしてそれぞれが、縁あることを知っていたのかどうか…ですが。

ちなみに、その「グスコーブドリの伝記」を、嘉内が病床の長男善三氏の枕元で読んであげていたことを、次男の庸夫氏は覚えておられます。
by signaless (2011-05-10 18:05) 

むこちゃん

signalessさん先日はいろいろありがとうございました。とても貴重なひとときをすごさせていただきました。さてsignaressさんから紹介していただいた寮美千子さんも山梨とも深いつながりがあることをお聞きしています。8日に山梨県立科学館の学芸員の高橋さんと打ち合わせに行ったら寮さんとも10年来のおつきあいで奈良のお宅にも遊びに行ったとのこと。科学館のプラネタリウム制作にもかかわっていらっしゃるのですね。実は9月から公開予定の「二人の銀河鉄道」というテーマでプラネタリウムを作ることで打ち合わせをしてきたのです。数年前からこのテーマは高橋さんに話していてとうとう実現にこぎつけたのです。アザリア記念会あげて協力していきます。その節はご協力をお願いします。寮さんも山梨にお越しの際は是非お会いしたいですね。
by むこちゃん (2011-05-14 20:26) 

signaless

むこちゃんさん…てのもヘンですね(笑)
コメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ありません。

その節はたいへんお世話になりました。
忘れられない一日になりました。

人の繋がりは不思議ですね。
そして楽しくて素晴らしい!

何かお手伝いできることがあれば、
私にはそれが一番の喜びです。
気持ち的にはそちらに移住して、韮崎市民になりたいくらいですが
下の子が手を離れるまではムリかな…。
いや、夏の間だけでも避暑地生活をするとか…。
そうだ、省エネで今年は企業も夏休みをたっぷり取るらしいので
ウチもそうしてもらおう…なんて、限りない夢想は私の得意分野です。

プラネタリウム、楽しみです。
いまからワクワクしています。
どんな「二人の銀河鉄道」になるでしょうか。

by signaless (2011-05-18 13:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。