So-net無料ブログ作成

賢治の伊勢参り(2) [調べたこと]

大正10年4月、賢治と父政次郎はふたりで関西方面へ旅しました。
この年の1月、東京に家出した賢治のもとに父が様子を見に来て
そのままふたりで出かけることになったようです。
最初に向かったのは、賢治2回目の伊勢参りです。

新校本全集第十六巻(下)の年譜によれば
日程は「初旬」とだけ記されており
小倉豊文さんの推測は4日か5日(「旅における賢治」)、
しかし短歌による天候から推測すれば2日の夜出発したかもしれない、となっています。
『「宮沢賢治」の誕生』の大角修さんは、細かな天候の調査から
東京出発は4月2日だと推測されています。
サイト「賢治の事務所」の加倉井さんも2日説を支持、二見ヶ浦で「ありあけの月」を見るのは一日でも早いほうがいいということです。

ということで、私も4月2日の夜東京を出たとします。

4/2(土) 東京発    20:00、20:20、21:00 のいずれかの列車。
4/3(日) 名古屋着  05:00、06:13、06:30 となります。
        名古屋発   05:35、 06:40 (途中亀山で乗換)
        山田着    09:37、  10:11

つまり、伊勢に着いたのは翌4月3日の9時37分か10時11分となります。
大角さんが調査されたようにこの日は春の嵐で
風速10メートル以上の暴風雨で五十鈴川も増水していたようです。
ふたりはたいへんな中を旅したのでした。

まずは前回の修学旅行と同様に外宮参拝。
山田(現伊勢市)駅から徒歩で行ったでしょうが
もしかすると雨風を避け市電を使ったかもしれません。
賢治はこの伊勢の旅の短歌を十二首、残しています。( )内は新校本全集の番号

伊勢
杉さかき 宝樹にそゝぐ 清(せい)とうの 雨をみ神に謝しまつりつゝ(763)
かゞやきの雨をいたゞき大神のみ前に父とふたりぬかづかん(764)

外宮を出て、ここからはやはり今回も自動車を使ったようです。
というのも、新校本には「外宮参拝後、徴古館、農業館を見たあと内宮に向かい」とあり、
乗合自動車の外宮内宮間はちょうど徴古館、農業館の横を通る御幸道路を使うコースだからです。
おそらく、賢治は5年前の修学旅行でここを通った時、
時間的に無理だったので叶わなかったものの見学をしたかったと思ったのではないでしょうか。
御幸道路コース地図

今回は朝の到着で時間もたっぷりあり、
雨風も強いので室内の見学はちょうどよかったのだと思います。
外宮参拝と自動車10分弱として
徴古館、農業館に着いたのは10時半~11時ころ。
2館合わせて2時間くらいはゆっくり見てまわることはできたと思います。
そこから再び乗合自動車で10分弱 、内宮に着くのは12時半過ぎ~13時過ぎ。
先に内宮前のおはらい町あたりで昼食をとった気がするのですがどうでしょう。

降りしきる雨のしぶきのなかに立ちて、門のみ名など衛士(えじ)は教へし(765)
透明のいみじきたまを身に充(み)てゝ五十鈴の川をわたりまつりぬ(766)

内宮の衛士見張所は宇治橋の袂にあります。
現在は宇治橋の右にありますが、この建物も式年遷宮によって建て替えられるので
当時橋の南北どちら側にあったかはわかりません。

五十鈴川 水かさ増してあらぶれの人のこころもきよめたまはん(767)
みたらしの水かさました埴土(はに)をながしいよよきよきとみそぎまつりぬ。(768)
いすず川 水かさ増してふちに群るるいをのすがたをけふは見ずかも(769)
硅岩(けいがん)のましろき砂利にふり注ぐいみじき玉の雨にしあるかな。(770)

 内宮
大前のましろきざりにぬかづきて、たまのしぶきを身にあびしかな。(771)
五十鈴川 水かさ増してはにをながし天雲ひくく杉むらを翔く。(772)
雲翔くるみ杉のむらをうちめぐり 五十鈴川かもはにをながしぬ。(773)

(771)の歌の前に「内宮」と題されていますが、歌が時系列で並んでいるとすれば、(763)(764)は外宮参拝と考えられ、(765)は内宮の衛士かと思いますが、外宮の可能性も十分あります。少なくとも(766)以降がすべて内宮での歌です。
理由は五十鈴川が詠まれているからです。

賢治が なぜ(771)の前を「内宮」としたのかはわかりませんが、
正殿前での歌だからでしょうか…。謎のひとつです。

参拝を終え、ふたりはふたたび五十鈴川に架かる宇治橋を渡り戻り
それから二見ヶ浦へと向かいました。

ここまでの行程だと15:00前後には二見に着いたことと思います。
天候も悪く、長旅の疲れもあったことでしょうから
早めに宿に落ち着いたのかもしれません。
雨降りしきる伊勢神宮は、賢治の心にどう作用したでしょうか。

翌朝は昨日とは打ってかわって晴天。

ありあけの月はのこれど松むらのそよぎ爽(さや)かに日は出でんとす。(774)

5年前は夫婦岩で、夕日を同級生達と見た賢治。
今回は月残る空に朝日が登るのを父とふたりで拝んだのでしょう。

それから7:13発の参宮線で亀山に行き関西本線等を乗り継いで比叡山へ向かいます。
ここからの京都・奈良の旅については
『宮沢賢治の詩の世界』で浜垣さんが詳しいレポートをしてくれています。
「坂本~比叡山~三条」
「京都における賢治の宿(1)」
「宮沢賢治研究会・比叡山セミナー」
などなど

前回と合わせ賢治の伊勢参りについて考えてみましたが、
時間的な流れと、使った交通機関、通った道がわかってきました。

雨と風のなかでぬかづいた伊勢神宮の深い森は
賢治のなかに渦巻くものを浄化する働きをしたでしょうか。
5年前に見た海を、賢治は父に見せたくて
二見に行ったのかもしれないとふと思ったりもします。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。