So-net無料ブログ作成
検索選択

『雨ニモマケズ手帳』と『遺書』 [本]

『雨ニモマケズ手帳』が、発見されたのは
東京新宿のモナミで開催された
第1回「宮沢賢治友の会」のときだったといわれています。

永瀬清子さんは「『雨ニモマケズ』の発見」として
『宮沢賢治研究』11号(宮沢賢治研究会、1972年)に、
「この手帖がこの夜のみんなの眼にはじめてふれた事については疑いがないように私は思う」
と書かれています。


でも、そういえば確か、賢治が父母と弟妹にあてた遺書も一緒にポケットに入っていた、と
清六さんは『兄のトランク』に書かれていました。

う~ん、永瀬さんの文章には遺書のことなどどこにもなかったようだし。
もし「宮沢賢治友の会」で遺書が見つかっていたら、
ものすごく注目されるし話題にならないはずはない…?

そこで、「積ん読」状態だった小倉豊文さんの
『「雨ニモマケズ手帳」新考』(昭和53年・東京創元社)を
ひっぱりだして読んでみたら解決しました。

清六さんが「宮沢賢治友の会」のためトランクを出してきて掃除していたとき
裏蓋のポケットに、『雨ニモマケズ手帳』が入っているのを見つけた、
それをそのまま持って上京し、皆に披露。
その後、花巻に帰って、再び清六さんが手帳を取り出したりしたとき、
裏蓋に密着していたのかそれまで気づかなかったハトロン紙の封筒2通を発見した。
これが『遺書』だった、ということらしい、と。
なるほどー!

奇しくもその『遺書』は、昭和6年9月21日、ちょうど亡くなる2年前の日付、
神田駿河台の八幡館で発熱、死を覚悟してしたためたもの。

一通は「清六様」、もう一通は「父上様 母上様」とあり
いずれも便せんは八幡館という旅館の名前が刷り込んであるものでした。


《清六様》

たうたう一生何ひとつお役に立てずご心配ご迷惑ばかり掛けてしまひました。

どうかこの我儘者をお赦しください。

                      賢治

   清六様
   しげ様
   主計様
   くに様


  《父上様 母上様》

 この一生の間どこのどんな子供も受けないやうな厚いご恩をいたゞきながら、いつも我慢でお心に背きたうたうこんなことになりました。今生で万分一もついにお返しできませんでしたご恩はきっと次の生又その次の生でご報じいたしたいとそれのみを念願いたします。

 どうかご信仰といふのではなくてもお題目で私をお呼びだしください。そのお題目で絶えずおわび申しあげお答へいたします。

      九月廿一日
               賢治
    父上様
   母上様
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。