So-net無料ブログ作成

はえある世界を『ナーサルパナマの謎 宮沢賢治研究余話』入沢康夫・著 [本]

ふと思い立って書棚から取り出してきたこの本、
ほとんど積ん読状態であったものの
もっと早く読むべき本だったことに、驚きと感嘆の思いで読みました。

まずは最初にある
1990年9月に「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」が発足した時に
入沢さんが寄せられた「はえある世界を」という文章。

「あの『ポラーノの広場』の若い農夫ファゼーロや牧夫のミーロが夢見たような、そこへ《行って歌へば、またそこで風を吸へばもう元気がついてあしたの仕事中からだいっぱい勢がよくておもしろいやうなさういふ》広場」の役割を、この「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」が果たすことになればと、心から願っている。 もちろん、それが実現するためには、これから、多くの試行錯誤や、議論や、努力の積み重ねが必要だろう、しかし、これもやはり「ポラーノの広場」の中の歌にこうある。

 まさしきねがひに いさかふとも
 銀河のかなたに ともにわらひ
 なべてのなやみを たきゞともしつゝ、
 はえある世界を ともにつくらん

「宮沢賢治学会」というものがどのような理念で発足され、
現在に繋がっているかをあらためて思うと
深い感謝とよろこびがあふれます。

校本全集の現在と未来
「間違った本文」からの脱却
「銀河鉄道の夜」の草稿と刊本
どのテキストに依拠すればよいのかー各種刊本の本文の特色と限界を心得ておこう」
自筆・他筆の問題

などは、賢治の生原稿の状態、そこから編まれてきたテキストに関すること、
歴代の全集や校本全集の実態と特色、
校本・新校本全集の方針や校正のルールなどの解説や、それらに対する思いが書かれています。

研究が進んでいないころに(それがたとえ清六さんであっても)
解読ミスや判断ミスなどがあったのは
書いた本人がとうにこの世にいないために仕方のないことです。
その最たる例が「銀河鉄道の夜」の、じつに様々なバージョンの存在だと思います。

「銀河鉄道の夜」の草稿と刊本」のなかで入沢さんは書かれています。

それにしても、ここで急いで言っておかねばならないのは、《それぞれのテクストの編纂者は、いずれも真摯な努力を傾けて、良き本文の決定を目指していた》という点で、各編纂者にとってもこの箇所の《その時点での》最良のテクストとは、まさにこれらの形だったのである。

歴代の研究の積み重ねがあってこそ、現在の研究結果があり
紆余曲折、試行錯誤があったからこそ
ただしい道を見つけてこられたのだと思います。

現在、新校本全集が出来たことによって、ほぼ完璧な形で、
賢治の作品の初期バージョンを含めた一応の完成形と
疑問が生じたときに生原稿の状態が確認できる一字一句もらさない校異を
いつでもだれでも読むことができるのは
ひとえに研究を重ねてこられた方々の真摯な努力の結果であることを
私たちは忘れてはいけないと思います。


それから、私が最も胸に重く受け止めたのは次の二つ、
仮設と実証ー説得力ある論考とは?1」
実りある議論ー説得力ある論考とは?2」
でしたが、
そのなかでも特に重要と思われたことを抜粋してみます。

①自説についての十分な検証
もっとも必要なものは、何が真実で、何が真実でないかをあきらかに見極めたいという、誠実な探求心である。そしてその見極めたものを、(功名心などと関わりのない次元で、)ほかの人々と、隔てなく分かち合いたいという熱望である。

②探求の対象の「レヴェル」
何が本当で何が嘘かをはっきりと言えるものと、言えないものを、混同しないことが特に大切だ。(略)この両者の安易な混ざり合いから、全く無用な議論の空転が起こる例、あるいは、はっきりさせなければならないことが不可知の暗闇の中に放置されたままになる例が、生じてくる。

③先行研究その他への目配り
④影響か?偶然か?
⑤細部にとらわれて大局を見失わないこと

⑥論争の《マナー》
議論が、先行の説に対する批判、もしくは他からの批判に対する反論という形になることは、往々起こることであり、いわゆる《論争》が研究を新しい局面に導く良いきっかけになることも少なくない。賢治研究の歴史においても、あまりにも有名な《「雨ニモマケズ》論争」をはじめとして、いくつもの論争や、論争類似にやりとりが見られた。
ところで、人間は、他からの批判を受けたとき、えてして心の平静を失い、感情的な対応をしがちなものである。批判を完全に理性的に受けとめ、冷静に検討し、適切な反論を展開するということは、決してたやすいことではなく、それなればこそ、《論争》がいつしか罵り合いの《泥試合》に陥り、肝心の議論の当否がそっちのけになってしまうようなケースも時折見られたのである。
(中略)
また、あの「ポラーノの広場」の歌の二番の歌詞には、御存じのとおり

まさしきねがひに いさかふとも
銀河のかなたに ともにわらひ
なべてのなやみを たきゞともしつゝ、
はえある世界を ともにつくらん

とあるではないか。
賢治は、いさかいを否定してはいない。ここが重要なところだ。「それが正しい願いにもとづくものならば、いさかいもやむを得ない」のであり、やがて正しい《実験の方法さへきまれば》、いさかいは解消していくだろう。いさかいは、その《実験の方法》が見付かるきっかけになりうるし、きっかけになることこそ望ましいのである。いたづらな罵言が無意味、いやむしろ有害であるように、中途半端な妥協・馴れ合い・迎合も、研究の進展にとって有害であるだろう。言うべきことは、相手が誰であろうとも、きちんと、説得的に主張するところから、研究の進展は生ずるのである。一方、批判された側も、相手の《正しい願い》の在するところかをすなおにキャッチし、冷静に、謙虚に対応する必要がある。論争は、当事者ふたり(および回りでそれの展開を見守る者たちすべて)の協力による《真実の発見》であってほしい。

⑦資料に振り回されないこと
一つの論考をまとめるに当たって、必要な資料に広く目を通し、それらを十二分に活用するのは、不可欠なことであるが、賢治資料、ことに賢治について書かれた文献資料(伝記的証言、作品解析、その他を含めて)は、その数が非常に多く、しかも、信頼性についても、じつに千差万別であるので、もしそれらへの対応や処理を誤ると、八幡の藪知らずに落ち込んで、議論の説得生がおおいに失われることになる。 資料は、常に参照し、生かして使わなければならないが、それに振り回されてもなわない。

⑧時代相との関わりへの願慮

題名だけ挙げた部分も、じつに大切なこと、参考になることが書かれています。


私はいわゆる“賢治研究者”ではなく、ただの“愛好家”だと思っていますし、
周りにもそのように言ってきました。
でも、このようにブログや一部紙上で思いや自分なりの検証を発表しているのであれば
そこはやはり発言や主張には責任を持たなければならないということ、
人とやりとりをする上で十分に心に留めておくべきことだと強く感じました。

これから少しでも研究に携わろうと考えている人や
私のように愛好家であっても何らかのかたちで発表しようという人には
一読しておいてもらいたい、
というか、必ず読むべき一冊だと思います。


→『ナーサルパナマの謎 宮沢賢治研究余話』入沢康夫・著 (書肆山田)2010年9月30日発行

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。