So-net無料ブログ作成
検索選択

シンポジウムと『天使猫』Ⅱ [催し物]

もう一週間以上経ってしまいましたが、
前回の続きです。

先に観た知人・友人の評判もよく、
楽しみにしていた渡辺えりさんの『天使猫』


暗い舞台に波の音から始まる…。
一匹の猫が捜しているのは、どこかに埋まっているはずの妻の遺体。
最初の場面から、これはたいへんなものを見に来てしまったと思いました。

ストーリーなどあってない、
現実と幻想が入り交じり、
時空を行き来し、賢治の生涯と作品たちが交錯する、そして清六の生涯も重なる、
なにこれ、どここれ、誰がだれ、・・・あなたはだれ、わたしはだれ。
賢治は誰を捜しているの。
清六は誰を捜しているの。
・・・私はいったい誰を捜しているの・・・?

明るい賢治はそこにはいない、
苦悩する賢治、東北の暗い空の下、二つの三陸地震と津波に夾まれた生涯。
失踪した岩手山は、俺は何にもできなかったと言って泣く。
泣いていたのは賢治?いや、私?
津波にさらわれてしまったのはあなた。あなたはわたし。
津波にさらわれてしまったひとをいつまでも探すのはあなた。あなたはわたし。
いつまでも探すひとに心痛めるのはあなた、あなたはわたし

賢治のきれぎれのことばが舞い、突き刺さってくる。
賢治の血を吐くような苦しみが迫ってくる。


面白かった、とはとても言えない演劇。
私がもらったのは、えりさんの重い重い、想い。

忘れるなよ、東北を忘れるなよ、と
天使猫がささやく。

ホモイが受け取るのを拒んだ赤い玉、
しまいには賢治が受け取ったのね、と思ったのは間違い、
帰路についた時、私の中にしっかりとそれがあることに気付いて愕然とする。



波の音が今も聞こえる。
それは私の中で次第に大きくなっていく。
賢治が歩いた透明な軌道を目で追いながら
私はわたしの中の赤い玉のあるあたりを、そっと撫でてみる。

忘れない、忘れないよ、と。 

偶然にも昨日、フェイスブックに流れてきた動画
押し寄せる波、瓦礫の山、屋根の上のバス、
泥に半分埋まった遺体、シートの端から覗く細い指、動かぬ幼子の足。


天使猫。
期待するとかしないとか、面白いかそうでないかなんていうものを
遥かに超えてしまう、お芝居でした。
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。