So-net無料ブログ作成
検索選択

超かっこいいじいさん!!! [映画]

18日(月)、ポール・マッカートニーのライブのため東京へ。
ちょうどお昼には飯田橋に着き、
神楽坂の「ろばたの炉」というお店でランチ。
美味しくてボリュームたっぷり、このクオリティで1000円は絶対お得で大満足。

お腹もいっぱいになったところで、
名画を2本立てで上映してくれる「ギンレイホール」に行きました。
前から見たかった「シュガーマン」がやっていたからでした。

まずは1時25分からの
『ビル・カニンガム&ニューヨーク』
ニューヨークの街角で道行くひとのファッションを50年以上撮り続けているビル・カニンガム、
なんと1929年生まれの現在84歳!
冒頭シーンから、嬉々として魅力的なファッションを追いかけているビルの姿に不覚にも涙が。
「なんてかっこいいじいさん!」

カーネギーホールのスタジオアパートの小部屋に住んでいて
やりたい仕事ができなくなるからとお金は受け取らない。
上流階級のパーティだろうと超有名ファッションショーだろうとビルはどこでも自由自在。
どんな大女優でもつまらないファッションには見向きもしない。
地位や名誉やお金とは全く無縁の、純粋なファッションにしか興味なし。
いや、ファッションというより、そのファッションで自分を表現し、或いは鎧としている「人」そのものが
ビルは大好きなんじゃないかと思いました。

男とか女とかセクシャル・マイノリティとかステイタスを越えた「人」への愛。
ファッションを通して本質を見ている。
ただひたすら、好きなことをして生きてきた。
もしお金を受け取っていたら、どんな裕福な暮らしをしただろうか。
ビルにとってはお金は自分自身であることを妨げるものでしかない。

こんなかっこいいじいさんがいるだろうか。


感動もさめやらないまま本命の
『シュガーマン 奇跡に愛された男』
ロドリゲスは60年代後半にデビューしたミュージシャン。
ボブ・ディランに似た社会派の曲で期待されたが、全く売れず。
デトロイトでひっそりと暮らしていた。

ところが奇遇にも彼の曲は南アフリカで大ヒット。
アパルトヘイト政策で抑圧された社会に
一大ムーブメントを起こしました。
しかし彼自身は謎に包まれ、自殺したとまで言われていたロドリゲス。
やがて突き止められた彼の存在、
仕事の同僚はもちろん、彼自身もまさか彼がそんな存在とは思ってもいなかった、
そして人々の期待に応えるべく南アフリカの地に降り立つロドリゲス。


ライブ会場に響くベースとドラムの音、ステージに姿を現すロドリゲス、
大観衆がわく。
それでも、アルバムと同じ声で歌い出すまでは誰もが半信半疑、
ロドリゲスが歌い出すと歓声は最高潮に達する、

人知れず夢を追い続け、その夢が叶う。
しかし、彼もまた、お金や名誉とは無縁の世界に生きている。
重労働であっても仕事を神聖なものとして受け止め
日々質素に、誠実に生きる姿は少しも変わらない。

ああ、なんてかっこいいじいさん!!

音楽が持つ力。
人の心を動かしてこその芸術。

老若男女が心から歓喜にわく姿は
彼の歌がどれほど民衆の心に響き、慰め、活力になってきたかを物語っていました。


そしてそして、ポール・マッカートニー。
ポールのライブについてはすでにあちこちで評判になっているとおり。
史上最高といっても過言ではないライブかと思います。

ポールもまた71歳にしてあの若さとパワー!
彼自身が今でも毎日何かを学び続けている、と言ったとおり
日々を心から楽しんで
音楽を心から愛している。
ジョンとジョージの分まで、頑張ってくれていると言っても
間違っていないと思います。

あの2時間40分、37曲ぶっ続けの全力ライブは
やっぱりお金やステイタスを越えたところからしか生まれてこないはずです。

ああ、ああ、なんてかっこいいじいさん!!!


奇しくも2013年11月18日という同じ日に会った3人の「超かっこいいじいさん」に励まされて、

私もかっこいいばあさんになるぞ!!!

はえある世界を『ナーサルパナマの謎 宮沢賢治研究余話』入沢康夫・著 [本]

ふと思い立って書棚から取り出してきたこの本、
ほとんど積ん読状態であったものの
もっと早く読むべき本だったことに、驚きと感嘆の思いで読みました。

まずは最初にある
1990年9月に「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」が発足した時に
入沢さんが寄せられた「はえある世界を」という文章。

「あの『ポラーノの広場』の若い農夫ファゼーロや牧夫のミーロが夢見たような、そこへ《行って歌へば、またそこで風を吸へばもう元気がついてあしたの仕事中からだいっぱい勢がよくておもしろいやうなさういふ》広場」の役割を、この「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」が果たすことになればと、心から願っている。 もちろん、それが実現するためには、これから、多くの試行錯誤や、議論や、努力の積み重ねが必要だろう、しかし、これもやはり「ポラーノの広場」の中の歌にこうある。

 まさしきねがひに いさかふとも
 銀河のかなたに ともにわらひ
 なべてのなやみを たきゞともしつゝ、
 はえある世界を ともにつくらん

「宮沢賢治学会」というものがどのような理念で発足され、
現在に繋がっているかをあらためて思うと
深い感謝とよろこびがあふれます。

校本全集の現在と未来
「間違った本文」からの脱却
「銀河鉄道の夜」の草稿と刊本
どのテキストに依拠すればよいのかー各種刊本の本文の特色と限界を心得ておこう」
自筆・他筆の問題

などは、賢治の生原稿の状態、そこから編まれてきたテキストに関すること、
歴代の全集や校本全集の実態と特色、
校本・新校本全集の方針や校正のルールなどの解説や、それらに対する思いが書かれています。

研究が進んでいないころに(それがたとえ清六さんであっても)
解読ミスや判断ミスなどがあったのは
書いた本人がとうにこの世にいないために仕方のないことです。
その最たる例が「銀河鉄道の夜」の、じつに様々なバージョンの存在だと思います。

「銀河鉄道の夜」の草稿と刊本」のなかで入沢さんは書かれています。

それにしても、ここで急いで言っておかねばならないのは、《それぞれのテクストの編纂者は、いずれも真摯な努力を傾けて、良き本文の決定を目指していた》という点で、各編纂者にとってもこの箇所の《その時点での》最良のテクストとは、まさにこれらの形だったのである。

歴代の研究の積み重ねがあってこそ、現在の研究結果があり
紆余曲折、試行錯誤があったからこそ
ただしい道を見つけてこられたのだと思います。

現在、新校本全集が出来たことによって、ほぼ完璧な形で、
賢治の作品の初期バージョンを含めた一応の完成形と
疑問が生じたときに生原稿の状態が確認できる一字一句もらさない校異を
いつでもだれでも読むことができるのは
ひとえに研究を重ねてこられた方々の真摯な努力の結果であることを
私たちは忘れてはいけないと思います。


それから、私が最も胸に重く受け止めたのは次の二つ、
仮設と実証ー説得力ある論考とは?1」
実りある議論ー説得力ある論考とは?2」
でしたが、
そのなかでも特に重要と思われたことを抜粋してみます。

①自説についての十分な検証
もっとも必要なものは、何が真実で、何が真実でないかをあきらかに見極めたいという、誠実な探求心である。そしてその見極めたものを、(功名心などと関わりのない次元で、)ほかの人々と、隔てなく分かち合いたいという熱望である。

②探求の対象の「レヴェル」
何が本当で何が嘘かをはっきりと言えるものと、言えないものを、混同しないことが特に大切だ。(略)この両者の安易な混ざり合いから、全く無用な議論の空転が起こる例、あるいは、はっきりさせなければならないことが不可知の暗闇の中に放置されたままになる例が、生じてくる。

③先行研究その他への目配り
④影響か?偶然か?
⑤細部にとらわれて大局を見失わないこと

⑥論争の《マナー》
議論が、先行の説に対する批判、もしくは他からの批判に対する反論という形になることは、往々起こることであり、いわゆる《論争》が研究を新しい局面に導く良いきっかけになることも少なくない。賢治研究の歴史においても、あまりにも有名な《「雨ニモマケズ》論争」をはじめとして、いくつもの論争や、論争類似にやりとりが見られた。
ところで、人間は、他からの批判を受けたとき、えてして心の平静を失い、感情的な対応をしがちなものである。批判を完全に理性的に受けとめ、冷静に検討し、適切な反論を展開するということは、決してたやすいことではなく、それなればこそ、《論争》がいつしか罵り合いの《泥試合》に陥り、肝心の議論の当否がそっちのけになってしまうようなケースも時折見られたのである。
(中略)
また、あの「ポラーノの広場」の歌の二番の歌詞には、御存じのとおり

まさしきねがひに いさかふとも
銀河のかなたに ともにわらひ
なべてのなやみを たきゞともしつゝ、
はえある世界を ともにつくらん

とあるではないか。
賢治は、いさかいを否定してはいない。ここが重要なところだ。「それが正しい願いにもとづくものならば、いさかいもやむを得ない」のであり、やがて正しい《実験の方法さへきまれば》、いさかいは解消していくだろう。いさかいは、その《実験の方法》が見付かるきっかけになりうるし、きっかけになることこそ望ましいのである。いたづらな罵言が無意味、いやむしろ有害であるように、中途半端な妥協・馴れ合い・迎合も、研究の進展にとって有害であるだろう。言うべきことは、相手が誰であろうとも、きちんと、説得的に主張するところから、研究の進展は生ずるのである。一方、批判された側も、相手の《正しい願い》の在するところかをすなおにキャッチし、冷静に、謙虚に対応する必要がある。論争は、当事者ふたり(および回りでそれの展開を見守る者たちすべて)の協力による《真実の発見》であってほしい。

⑦資料に振り回されないこと
一つの論考をまとめるに当たって、必要な資料に広く目を通し、それらを十二分に活用するのは、不可欠なことであるが、賢治資料、ことに賢治について書かれた文献資料(伝記的証言、作品解析、その他を含めて)は、その数が非常に多く、しかも、信頼性についても、じつに千差万別であるので、もしそれらへの対応や処理を誤ると、八幡の藪知らずに落ち込んで、議論の説得生がおおいに失われることになる。 資料は、常に参照し、生かして使わなければならないが、それに振り回されてもなわない。

⑧時代相との関わりへの願慮

題名だけ挙げた部分も、じつに大切なこと、参考になることが書かれています。


私はいわゆる“賢治研究者”ではなく、ただの“愛好家”だと思っていますし、
周りにもそのように言ってきました。
でも、このようにブログや一部紙上で思いや自分なりの検証を発表しているのであれば
そこはやはり発言や主張には責任を持たなければならないということ、
人とやりとりをする上で十分に心に留めておくべきことだと強く感じました。

これから少しでも研究に携わろうと考えている人や
私のように愛好家であっても何らかのかたちで発表しようという人には
一読しておいてもらいたい、
というか、必ず読むべき一冊だと思います。


→『ナーサルパナマの謎 宮沢賢治研究余話』入沢康夫・著 (書肆山田)2010年9月30日発行

境界線に立つもの~『物語ること、生きること』上橋菜穂子・著から思うこと [本]

たまたま立ち寄った書店で、面陳列されていた上橋菜穂子さんの『物語ること、生きること』(講談社)を手に取り、衝動買いをしました。
実は上橋さんの作品は読んだことがないのですが
以前、アニメで『獣の奏者エリン』を娘と一緒に見ていたので
その作者だということは知っていました。

予想通り、イギリスのファンタジーに深く通じている方でした。
『ゲド戦記』のル・グィン、
グリーン・ノウの子供たち』シリーズのルーシー・M・ボストン、
『時の旅人』のアリソン・アトリー、
『第九軍団のワシ』のローズマリー・サトクリフ等々、
私の好きな作品が次々と出てきて懐かしく、そして嬉しく。

この本に「境界線の上に立つ人」という節があります。
ものごとの両側が見えるからこそ、どちらにも行けない哀しみ。
どちらか一方の側から見ただけでは、見えない景色を見ている人。
だからとても孤独だし、人から理解されないこともあり、
結論めいたことも言えず、それでもじっと考え続けている人。
上橋さんはそういう人に惹かれるし、自分もその景色を見てみたいのだと書いています。

どちらにも行けない哀しみというのは、とてもよくわかります。
両側の世界が見えていたかといえばそんなことはなかったのですが
私には、特に思春期の頃から、どこにいてもどこにも属せない感がつきまとっていました。
そしてその孤独感に寄り添ってくれたのがある時出会った宮澤賢治というひとだったのでした。
やっぱり賢治は、両側が見えてしまう人だったのではないでしょうか。

私には幸い、賢治という人がいてくれた。
でも、賢治はどうだったのか、
その孤独をどうやって癒やしたのか…
ヨタカの哀しみはどこにも属せない哀しみ。
車を運転中になんとなくそんなことを考えていたら、
涙で前方が見えなくなりそうになってあわてました。


スター・ウォーズにでてくる「フォース」にも
「ライトサイド(光明面)」と「ダークサイド(暗黒面)」があります。
世界ははっきりと2分できるほど単純ではなく、
くるくると相対的に入れ替わったり絡み合ったりしているものだろうと思います。

それらが見えたとしても自分の立ち位置で割り切ってしまえば楽かもしれないけど
それができないひとだと、さぞ生きづらいに違いない。
そして賢治はそういうひとだったのではないでしょうか。


「壁を越えてゆく力」という節の最後の部分が心に響きます。

《もしかしたら「生きる」ということ、それ自体が、フロント=最前線にたつことなのかもしれない、と思ったりします。それぞれの生い立ちや境遇や。すごくいろんなものを抱えて、私たちは、いま、出会っている。誰もが自分の命の最前線に立っているのなら、それぞれに境界線を揺らす力、境界線の向こう側に越えてゆく力を持っているのんじゃないか。
相手を否定したり、恐れたり、あるいは自分の領分を守るために境界線を強くするのではなく、境界線を越えて交わっていこうとする気持ちを持てたら、どんなにいいだろう。
私は、それを、子どものころからずっと願い続けてきたように思うのです。
そして、私の好きな物語に、もし共通点のようなものがあるとしたら、それは背景の異なる者同士がいかにして境界線を越えていくかを描いているところかもしれません。》


無意識と意識、夢と現実。
本来、すべてを含めた世界に人は生きるはずです。
ところが意識と現実だけしか見ようとしなければどんどん歪みが生じていく。
それが現代社会の姿だと思います。
「ファンタジー」は目に見えない大切なものを呼び覚まし
両者をつないでくれるものだと思います。

私にとって、どんなハウツー本や教訓本よりも
生きることを教えてくれるのがファンタジー。
じつは私が本を読み出したのは大人になってからなのです。

ルーシー・M・ボストンが『グリーン・ノウの子どもたち』で作家デビューしたのは
彼女が62歳の時。

トールキンの『ホビットの冒険』で、
めんどくさがりやで小心者のビルボが居心地のいい家をえいっと飛び出し
長い長い指輪をめぐる物語が始まったように
いくつになっても、「その一歩を踏み出す勇気を」!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。