So-net無料ブログ作成

第6回イーハトーブ・プロジェクトin京都『中所宜夫「中尊」(能楽らいぶ)』 [催し物]

待ってました、今回も素晴らしい企画です。
「宮澤賢治の詩の世界」の浜垣誠司さんによる「イーハトーブ・プロジェクトin京都」、
もう6回目になるのですね、
継続は力なり、毎回の御尽力に頭が下がります。

さて、今回も第2回の『光の素足』と同じく
法然院にての中所宜夫さんによる能楽らいぶですが
ワキに安田登さんが加わって
さらにパワーアップ、どんならいぶになるかと想像しただけでドキドキワクワクです。

ちなみに今、安田登さんの『異界を旅する能』(ちくま文庫)を読んでいるところですが
これが分かり易くて面白い!
「能」の解説にとどまらず人生や魂について考えさせられながら読んでいます。
この本に関してはいずれ詳しくアップしようと思っています。

  第6回イーハトーブ・プロジェクトin京都
    中所宜夫「中尊」(能楽らいぶ)
      シテ: 中所宜夫
      ワキ: 安田登

  日時: 2014年3月2日(日)午後6時開演(午後5時半開場)
  場所: 法然院 本堂(京都市左京区鹿ヶ谷)
   参加費: 2000円(必要経費を除き被災地の活動に寄付します)


そして今回はもうひとつお楽しみ。
毎回チラシの絵を提供なさっているガハクこと鈴木広美さんの絵が展示されます。
やっぱり絵は実物を見るのが何倍もいいですよね、


詳細はこちらでどうぞ→「宮澤賢治の詩の世界」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。