So-net無料ブログ作成
検索選択

「あめゆじゆとてちてけんじや」 [思うこと]

賢治の詩「永訣の朝」には
(あめゆじゆとてちてけんじや)というリフレインが何度も入っています。

賢治の妹・トシが発した言葉なのですが
花巻弁と思われているこの言葉は実は花巻弁にはない、ということを
何度か眼や耳にした覚えがあります。

先日、といってももう3ヶ月くらい前になってしまいましたが
花巻出身のクマさんことSさんと、この件についてメールでやりとりをしました。

Sさんは、龍谷大学ミュージアム特別展での
花巻博物館長の講演「西域・宮澤賢治と多田等観」に行かれ、
(私は行けなくてほんとうにザンネン!!)
花巻から来られた方々と談笑された折、
「トシ の ・・ けんじゃ ・・ どう読みますか?」
との問いに そのまま読むとの事で、
「そんな、言葉が花巻に有りますか?」と聞くと「有りません、・・ けでじゃ ・・、が普通」との答え、
だったそうです。

以下《 》内はSさんからのメール。

《この言葉以外は トシ の発音を本当に音として正確に記録しようとの 賢治の意思を感じますが、

何故、此処だけ 花巻言葉に再現し得ない 文字にしたのでしょうか?

トシの兄への甘えを表したのでは・・ とのご意見がありました。(Iさん)

甘えだったら、 ・・・ けで~ ・・ のニュウアンスの変化で表すのが普通では・・? 》


そこで私は、いろいろ考えてみたのですが
Sさんに送ったのはこんな文章でした。

   私が思うのは、トシさんは亡くなる直前の重い状態で
  言葉に力もなかったと推測します。
  「おめゆぎ とてきて けでじゃ」が本来の花巻弁でしょうか?
  ほとんどささやくように言ったのだから、
  発音もままならず、
  「あめゆぎ」の「ぎ」は「じゅ」とつぶれ、
  「とてきて」は「とてちて」と舌足らずに。
  「けでじゃ」の「で」に力もはいらず「ん」と聞こえた、

   …のではないかなーという気がしてなりません。
  賢治はそのあえぎのことばそのままを写し取ったではないかと
  思うのですがどうでしょうか。

これに対するSさんの返信、
  
《その通りだと思います(私は心平さんの朗読にそれを感じたのです )。
賢治は、トシの息遣いまでも 遺したかった、私にはそう思えるのです、

      他の言葉の部分も、・・ とても足らない50音文字を用いて。

      少し、花巻の発音について・・・

      ① K 音は G or Gy 音(鼻濁音)の方向へ (あめゆぎ、あめゆぢゅ(ぢ(i・u))

      ② K 音は C or T 音の方向へ       (とてきて、とてちて、とてぎで)
      

       ①と②がまたその中間の音になるような気がします、 
       かな表記は単に本人の賢治覚えとさえ思えます。

以上 子音 ですが 当然 母音はもっと表しにくいのです。

        (音声学の知識が必要かと 思います。) 》

       
       

「賢治は、トシの息遣いまでも 遺したかった」

     …というSさんの言葉が胸に重く響きました。



なお、Sさんのメールにある「心平さんの朗読」とは
Youtubeにあるこの動画のことです。非常に貴重なものだと思います。
宮沢賢治「永訣の朝」 朗読・草野心平


nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。