So-net無料ブログ作成
検索選択

シンポジウムと『天使猫』Ⅰ [催し物]

昨日11月24日、賢治がらみの二つのイベントがありました。

ひとつめはシンポジウム
午前中、半田市のアイプラザ半田というところで
児童文学者の故郷と文学館」という名のシンポジウムがありました。
当初200名の会場を予定していたら
応募者が多くて急遽、約3倍の収容力の大ホールに変更になったとのことで
たくさんの人が来ていて大盛況でした。

新美南吉記念館館長・山本英夫さん
金子みすゞ顕彰会事務局長・草場睦弘さん
宮沢賢治記念館副館長・牛崎敏哉さん
3名がそれぞれの記念館の紹介や成り立ち、地域の人々との関わり、未来への取り組みなどを
熱く語ってくれました。

それぞれ規模も立地も違い、特色をもった記念館を運営しているけれど
共通しているのは、
作家の無名の時代を支え、あるいは情熱をかけて発掘にあたり、
なんとか世間に広く知ってもらいたいと働いた人がいたということと
それを受け継いで後世に残し次世代へ繋げていかねばという思いで活動していること。

そして最も重要なことだと思いますが、
南吉もみすゞも賢治も、地方に生まれたけれど
中央を見据えながらも
地元・故郷を大切にし、そこを作品を描いたこと。

ほんとうのグローバル化は、地域を捨ててみんなが同じになることではなく
地域や個性を大切にしてこそのものだと教えてくれている気がしました。

草場さんは山口県の仙崎から、列車を乗り継いでこられ、
牛崎さんもはるばる岩手から駆けつけてくれて
愛知の地でこのようなシンポジウムが行われたことは、
愛知県人として、とてもうれしいことでした。

牛崎さんは、話の所々、賢治作品を岩手弁で披露もしてくれて、
きっと本場の岩手弁を初めて聴いた方がほとんどで
皆さん大いに楽しまれたのではないでしょうか。

終了後、ロビーに出てきたところで運良く牛崎さんに会うことができました。
ご挨拶できてよかった。
そして「まんがよんでますよ」の言葉にとびあがってしまって、
動揺してきちんと御礼が言えませんでした。
「ありがとうございますー!!」


『天使猫』
午後、正確には夕方からは長久手市にて
待望の『天使猫ー宮澤賢治の生き方ー』を観てきました。

渡辺えりさん率いる「オフィス3○○(さんじゅうまる)」の舞台です。
開場前に、うろうろしていたら、
向こうに手を振るひとが。
なんとー!
加倉井さんが当日券の発売を待って並んでいました。
鳥取(!)からの帰りに、思い立って観にきた、とのこと。
先月韮崎で会ったばかりですが
やっぱりうれしいですよねー。

と、いうことで、演劇の感想は次回へ。






nice!(1)  コメント(0) 

第7回 花園農村の碑 碑前祭   [催し物]

もう10日以上経ってしまいましたが
行ってきました碑前祭!

10月26日土曜日、快晴。

この青空の様な爽やかな碑前祭。

今回は若い仲間が増えました。
韮崎のシンガーソングライター、サガノユウキさん。
賢治ファンだったユウキさんは
プラネタリウム番組『二人の銀河鉄道』を見て感動し、
「銀河鉄道の街」という曲をつくりました。
その曲と「雨にも負けず」の2曲を
アザリア記念会・新村さんのコーラス付きで披露。

汽車の形の詩碑の前に立つお二人の歌を聴いていたら
まるで銀河鉄道に乗り込もうとしているジョバンニとカムパネルラに見えてしまって涙涙…。

毎年この日の為に集まり歌ってくださる韮崎市民合唱団の皆さん、本当に有難いことです。

賢治の絵本で知られる田原田鶴子さんは『二人の銀河鉄道』の背景に使われた絵を
アザリア記念会に寄贈してくださった!!
初めてご自分の作品を手元から離すとのことです、ありがとうございます。

金田賢一さんと丸尾めぐみさんによる朗読劇『二人の銀河鉄道』では、
プラネタリウムで観たときのそのままの声と音楽に、
場面が浮かぶとまたあの時の感動がよみがえってきました。
保阪嘉内が19歳の時に創った詩、「マイリトルブラザージョン」の朗読もあり、
これがまた愛情にあふれたいい作品。(近いうちにアップします)

美しいものをたっぷりと頂いて
心がいっぱいに満たされた碑前祭でした。

プラネタリウム『二人の銀河鉄道』を制作した高橋真理子さんも会場にみえていて
監修・アドバイスをした加倉井厚夫さんもいて
今年は、この作品によって結ばれた人々が集ったんですね~

保阪嘉内の長男・善三さんと次男・庸夫さんのお姿も見ることができ
ほんとうによかった。


打ち上げ居酒屋・百文家さんにて。
ここでも歌って騒いで、お腹もいっぱい。

賢治と嘉内は、人々の幸いを願って、ポラーノの広場や花園農村を夢に描いたのでしたが
岩手栃木鳥取を始め各地に今もなお広がり続ける友好の輪を思ったとき、
二人が創りたかったのは、ほんとうは場所のことではなく
こんな風な人と人との繋がりのことだったのではないかなぁと
生ビールを飲みながらみんなを眺めていたら
こみ上げてくるものがあって、なんとかバレないようにごまかすのが精一杯で…。

ああ、楽しかった、うれしかった。

素晴らしい人々が集まってくる韮崎!
みなさんお世話になりました。

来年もまた行きまーす!!



nice!(2)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。