So-net無料ブログ作成

イーハトーブの旅2012③豊沢ダム・なめとこ山と「研究発表」 [旅]

最終日の朝は、いわきのOさん、旭川のOさん、京都のHさんにお付き合い頂いて
大沢温泉からさらに車でさかのぼって豊沢ダム湖となめとこ山を見に行きました。

今年は渇水でダムの底がほとんど見える状態。
写真+1.JPG

写真+4.JPG

豊沢ダムの場所には、かつて豊沢の村がありました。

賢治の詩『渇水と座禅』は、ヒデリに苦しむ農民の姿が描かれています。

二五八
     渇水と座禅

                  一九二五、六、一二、
   にごって泡だつ苗代の水に
   一ぴきのぶりき色した鷺の影が
   ぼんやりとして移行しながら
   夜どほしの蛙の声のまゝ
   ねむくわびしい朝間になった
   さうして今日も雨はふらず
   みんなはあっちにもこっちにも
   植えたばかりの田のくろを
   じっとうごかず座ってゐて
   めいめい同じ公案を
   これで二昼夜商量する……
   栗の木の下の青いくらがり
   ころころ鳴らす樋(ドヒ)の上に
   出羽三山の碑をしょって
   水下ひと目に見渡しながら
   遅れた稲の活着の日数
   分蘖の日数出穂の時期を
   二たび三たび計算すれば
   石はつめたく
   わづかな雲の縞が冴えて
   西の岩鐘一列くもる

昭和36年に完成したこの豊沢ダムによって花巻地域の水不足は解消されました。
賢治がもし長生きして、このことを知ったらよろこんだでしょう。
ただ、そのために水底に沈む故郷を散り散りに離れるしかなかった人々のことは
決して胸から去ることはなかっただろうと思います。


ダムをさらに上流へ行くとなめとこ山の見える場所に。
写真+3.JPG
中央の山が「なめとこ山」です。

橋の中央にこんな透明の看板が立っていてすぐわかりました。
写真+2.JPG

なめとこ山は道が整備されていないので登山はできないとのこと。
う~ん、やっぱり小十郎しかムリなのか。
残念なような、それでいいような…。

その後、花巻の町に戻って、イーハトーブ館へ。
宮沢清六さんが撮ったイギリス海岸の写真展をやっていました。
旭川のOさんに珈琲をご馳走になってから
第22回宮沢賢治学会イーハトーブセンター研究発表会を聴きました。

発表会についての主な感想は「番外編」で記事にしたとおりです。
実は私には難しくて、要旨を読んでも
感想どころか手も足もでないものもなきにしもあらず…(汗)

11時半に発表が終わり、
Hさんも私ももう帰らねばならず、みなさんにご挨拶してそれぞれ空港と新幹線駅へ。
後ろ髪をおもいきり引っ張られながら帰途につきました。
途中降った雨が上がり、車窓から大きな虹を見ました。

お世話になったみなさん、
お知りあいになれたみなさん、
お陰様で濃密で素晴らしい旅行になりました。
ほんとうにありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。
(…と早くも行く気でおります)

イーハトーブの旅2012②「贈呈式」「講演会・懇親会」 [旅]

一日目は花巻の町中に宿泊。

朝チェックアウト後、のんびり歩いて「石窯パン工房ミッシェル」へ。
珈琲のお代わり自由はうれしい。

ゆっくり朝食をとった後、来た道を引き返し駅前のなはんプラザへ。
着いたらもう杉浦静さんの挨拶が始まっていました。

宮沢賢治賞は 島田隆輔さん。
イーハトーブ賞は むのたけじさん(翌日の新聞記事→朝日新聞

むのさんは97歳にしてなんてお元気なこと、
会場に響き渡る声でお話されました。
人間の頭は老いて下降線ではない、死ぬ時がピークなんだと。
若いもんは何しとる!と叱咤激励されているようで
頑張らねば、と身の引き締まる思いでした。

祝いの舞として「早池峰神楽」の「山神舞」が披露され
その迫力にしばし見とれていました。
お一人で長時間の舞はものすごい体力。
神楽の面白さが少しは分かって来たような気がします。
ちなみに賢治の文語詩「雪の宿」はこの「山神舞」を取り上げています。

写真+6.JPG

お昼を挟んで
島田隆輔さんと畠山重篤さん(第14回イーハトーブ賞受賞)の講演。

かつての受賞者のその後の近況やご活躍を知ることは
素晴らしいことであり大切なことですね。

次のイーハトーブサロンの時間にちょっと抜け出して
見損ねてしまったイギリス海岸へ。
(お昼にレンタカーを借りに行っていてみんなとは別行動だったのです)
ところがあとで聞いたら、いわき市のOさんが貴重なお話をされたとのこと。
残念なことをしました。

写真+7.JPG

写真+8.JPG

写真+9.JPG

会場に戻って、参加者交流会・懇親会に参加。
これも初めての経験。
立食パーティー式で、先生方も一般のファンも気軽におしゃべり。
賢治が好き、というそれだけで誰とでも話ができ、
前から知っていた人のような気にさえなってしまう。
初めの不安はどこへやら、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ひとつだけ、とっても残念だったのは
お料理が毎年恒例だった中野由貴さんのメニューじゃなかったこと。
楽しみにしていただけに大ショックでした。
来年は復活してくれるといいなぁ…。

さて、閉会のあとは大沢温泉へ。
私の拙い運転で、いわきのOさん、旭川のOさん、
そして京都のHさんと一緒に自炊部に向かいました。

宿に着くと、ちょうど混浴露天風呂の女性タイムの始まりだったので
さっそく行ってみました。
豊沢川の流れと星空を見ながらの温泉はやっぱりいいですね~。

さっぱりした後はNさんやTさんとも合流し、
みんなでNさんのお友達の部屋に集まってまた宴会。
おいしいおつまみとお酒、
楽しかった~。
なんと2次会まで参加しちゃって。
みなさんありがとう!

大沢温泉自炊部、やみつきになりますね。
よし、来年もまた来れるように頑張ろう!

初めて定期大会に参加して感じたのは
「宮沢賢治学会」がたくさんの方々の尽力で成り立ってきたこと。

私のような賢治ファンが、
賢治やその周辺のことを学び、楽しむことができるのも
この会の設立に努力してくださった方があったからであり
運営されてきた歴代の理事の方々をはじめ、事務局の方々の
お陰だったんだということにあらためて気づかされました。

私は約20年も賢治学会にお世話になっていますが
心から有難く思います。

(三日目に続く)

イーハトーブの旅2012①「賢治祭」 [旅]

9月21日から二泊三日で花巻に行ってきました。

岩手は2009(平成21)年以来で、
賢治祭は1996年の生誕百年以来の16年ぶりで、
何日も前からドキドキわくわく。

新幹線を乗り継ぎお昼過ぎに花巻駅に着くと
先に到着していたKさんが改札で待っていてくれました。
そしてNさんが、お友達Tさん運転の車でOさんと一緒に迎えに来てくれて
まずはみんなでマルカンデパートに。
マルカンが初めての私はうれしくて、ついオムライスと名物ソフトを注文。
食べきれるかの不安は、食べているうちに霧散…。

写真+1.JPG

その後、上町の「賢治の広場」はなまるくんギャラリーにて
滝田恒男さんの絵画展に。
滝田さんは同人誌『ワルトラワラ』にも作品を掲載されています。
素敵な作品の数々でした。

ところがこの後、Nさんが「賢治さんの家にお参りに行きましょう」と、思いもよらない展開に。
私なんかが付いていっていいものか???と恐れおののきながらも
こんな機会は二度とは来ない、と遠慮の二文字は忘れることに。
心を落ち着かせる暇もなく、
気づいたら賢治の拝んだ御曼荼羅の前で手を合わせている自分がいました。

写真+3.JPG

精進料理までいただいて、その素晴らしい器は、
賢治の祖父嘉助さんの時代から使われているもので
毎年この日に蔵から出して使うそうです。
そしてメニューは賢治のお母さんのイチさんが考えられたとのこと。
すでにけっこうお腹いっぱいだったのだけど
せっかくのお料理、残しては悔いも残るし罰も当たる、と頑張っていただきました。
精進料理なので、お腹にも優しい…てことで食べちゃいましたよ。ぜんぶ!
美味しかったです。涙がでるほど。

写真+2.JPG

帰ってきた今も夢の中の出来事のような気がします。

宮澤家を出て、賢治祭へ。
あいにくの雨で、会場は去年に引き続き南城小学校体育館となりました。
到着したときは献花がそろそろ終わる頃でしたが
青いりんどうが残っていたのがうれしかったです。

第2部が始まり
挨拶に立たれた宮澤賢治記念会理事長の宮澤啓祐さんが
お顔も立ち姿も賢治に似ておられるようで、感慨深かったです。

写真+4.JPG

釜石市立白山小学校教諭の高橋道明さんが
海岸部の現状をお話しして下さいました。

歌や胡四王神楽、演劇、詩の朗読等、地域の方々が集い続けてこられた賢治祭。
ありがたいですね。
温かく素晴らしい賢治祭でした。

賢治の姪(妹シゲさんの娘さん)佐々木フミさんのお話は
いとこの岩田安正さんとの対談形式でしたが
心に残るものでした。
病気のために二階で寝ている賢治のところに行くと
丈夫なことを褒めてくれたり、
賢治の御曼荼羅を拝んだ時には「いい子だ」と枕の下からお小遣いを出してくれて
「わぁ、これで森永キャラメルが買える!」ととてもうれしかったことなど
優しく美しい花巻弁でお話しして下さって
まるで賢治が生きている姿が見えるような話しぶりで
ほんとうに感動的でした。
失礼ながらフミさんはまるで
当時の小さな女の子に戻ったように本当に可愛らしくって
賢治おいちゃんが姪を見守る愛情がひしひしと伝わってきました。

写真+5.JPG

第2部が終わるとそこでいったん閉会、
その後残る方は座談会をします。

私達はここで帰ることにしましたが
その時フミさんが近くに居られたので握手して頂いたら
フミさんがありがとうとお辞儀して私の手を額につけるようにして下さったのがジンと来ました。

この日は町の中に宿を取っていたので
大沢温泉組と別れ、Kさんに誘って頂いて美味しいと噂の居酒屋『早池峰』に。
扉を開けて部屋にはいると、数名の大御所中の大御所先生方が先におられ
またしても「こんなところにいていいのか」状態。
私は全く借りてきた猫で、ろくな返事もまともにできなくて申し訳なかったです。
でも貴重なお話が聞けてほんとうに幸せでした。

思い返してもドキドキの一日でした。

(二日目に続く)

東京旅行その3「空海と密教美術展」と「磯江毅=グスタボ・イソエ展」 [旅]

東京三日目。

池袋駅構内の感じのいいお店で
お得なモーニングセットの朝食をのんびりと取ってから
西武池袋線の黄色い電車に乗って練馬へ。

車内で路線図を眺めていたら
このまま乗っていけば賢治と嘉内ゆかりの地
「小鹿野のようばけ」に行けることに気づいてひとりトキメク。
そしてその途中の駅で降りれば
ツイッターでお世話になっているガハク&Kyoさんご夫妻のアトリエだ!
ますます行ってみたくなる。
一人旅だったら、きっと急遽予定変更していただろうなぁ・・・。

さて、まずは練馬の一つ先「中村橋」で降り
目的の練馬区立美術館に行き、磯江毅(いそえつよし)展を見ました。
d0947fa5655610884b396a0129e207ba.jpg

磯江毅(いそえつよし1954-2007)は大阪に生まれ、大阪市立工芸高等学校を卒業後まもなく単身でスペインに渡り、30年余りの長きにわたる滞西の間に油彩による写実絵画を探求しました。 やがてアントニオ・ロペス・ガルシアに代表されるマドリード・リアリズムの俊英画家グスタボ・イソエとして認められ、国内外で高い評価を受けました。彼のリアリズム表現は、文字通り事物の細部まで深く入り込んで具象的に描ききるだけでなく、現実世界が内包する神秘的なものまで捉えようとしているような精神の深まりを感じさせます。その根底には生死をかかえこむ生きものへの深い洞察と諦観が見て取れるのです。2005年には広島市立大学芸術学部の教授に就任し、日本での活躍が期待されましたが、2007年惜しくも53歳で急逝。生涯をかけた絵による存在探求の試みは、絵画の高みを示すものとして、死後もなお輝きを発し続けています。 本展は、現代写実絵画に鮮烈な痕跡を残した磯江毅の本格的な回顧展として、磯江の初期から絶作までの代表作約80点を一堂に集め、彼の芸術の軌跡をたどるとともに、その稀有な画業を追想するものです。(以上、練馬区HPより)


まるで写真のような細密な絵です。
でもやっぱり絵には写真とは違う何かがあります。
描き手のまなざし。
描かれているのは物の表面ではなくその内部。
そして絵を通して見えてくるものは
被写体ではなく描き手、つまり磯江毅氏の魂そのもののような
そんな気さえしてきます。

絵に付けられている解説は奥様のもので
画家とその絵に対する愛情に溢れていて素敵でした。


練馬をあとにして
さてどこに行こうかと相談して次に向かったのは上野。
735c6b7fbd819bb405b70384cfb03884.jpg

アメ横に行って、いつも行く海鮮丼のお店で昼食を取ってから
国立博物館へ。
64a1a18d121ecba947bd33750e9e01f2.jpg

最近書店に行くと「空海と密教」に関する特集が多いと思っていたら
じつはこれがあったからなんですね。
「空海と密教美術展」
toretate2.jpg



最近読んだファンタジー、
越水利江子さんの「忍剣花百姫伝」全7巻に真言が出てきます。
「おん ばやべい そわか…」
「おん まりしぇい そわか…」
「のうまく さらばたたぎゃていびゃく…」
忍剣士たちのピンチを救う言葉、
或いは力を呼び込むおまじないの言葉です。

最初、なんだこりゃ、と思っていたのですが
それがいわゆる「真言(しんごん)」であり
実はインドのサンスクリット語で、
賢治の唱えた「はらさむぎゃあてぃ」や「なむさだるま…」等と
ジョージ・ハリスンが信仰し唱えていたマントラと
同じものだということが私の中で繋がったのでした。
真言の「おん」とマントラの「オーム」はきっと同じなんでしょうね。

インドから中国、そして日本へと伝わった梵語=サンスクリット語。
面白いなぁと思うし
日本でそれらが真言密教としてどう伝わりどう広がっていったのかというのも
興味があるところです。

空海に関しては教科書で習ったきりで
空海=弘法大師だということも、わりと最近まで知らなかったほどですし
偉い有名なお坊さんだということくらいしか認識していませんでした。

しかし、初めて海を渡り、教典や外国の知識・文化を持ち帰るというのは
いったいどんな気持ちだったのだろうかと思ったりします。

空海直筆の書や、中国から持ち帰った仏像、法具や絵画などが
盛りだくさんに展示されています。
美しい仏像の数々はどれも素晴らしいですが
圧巻はやはり東寺講堂の諸像8体による仏像曼荼羅です。

私のお気に入りは「帝釈天騎象像」。
なんといっても一番の男前。
思わずうっとりして時の経つのも忘れてしまいます。
「梵天座像」も素敵。
何がいいって、機会があったら裏に回って見てみてください。
後ろ姿、背中のラインは本当に美しい。
帝釈天も負けず劣らずでしたが…。
顔だけでなく、体型の美しさは仏像の大きな魅力のひとつではないでしょうか。

鑑賞中に結構激しい夕立があったようで、
玄関ホールに戻ってくると外はまだ雨。
小降りになるのを待って上野駅に、
そして東京駅にてお土産とお弁当を買ってから
帰りの新幹線に乗り込みました。

けっこう充実した東京二泊三日の旅でした。
思い切って行ってよかったです。

東京旅行その2「ウクレレ ピクニック 2011」 [旅]

二日目・土曜日は、横浜・赤レンガ倉庫の広場で開催された
「ウクレレ ピクニック2011」に行ってきました。
開催は6(土)・7(日)の二日間。
私達が行ったのはそのうちの初日です。

朝9時半ころに会場について、結局夕方6時過ぎまでいました。
暑かったですが、全国のウクレレ大好きの人たちが集まっての祭典です。
ウクレレのアマチュアからプロまで
フラダンスも含めると一日約70組の出場で
レベルも人数も様々、これがまた楽しい!
たくさんの人の熱気で、さらに会場はヒートアップでした。

レンガ倉庫の周りには、ウクレレメーカーやグッズ、
飲み物やかき氷などのテントがびっしり。
ひとつひとつ覗くのもまた楽し。

とあるウクレレブランドのテントの前を通りがかると
なんとプロの勝誠二さんがプレスリーの曲を熱演中。
しばし聞き惚れていました。
別のテントでは最大手ブランドの一つカマカウクレレの社長さんがいて
サイン会をしていました。
ミーハーな私もちゃっかり頂いて握手まで。
Thank you! というとYou are welcome! と目を見てにっこり笑ってくれました。
やはり欧米の男性は女性にはとても優しい・・・?(一応私も女性)
このカマカの社長、クリス・カマカさんは
この後、ステージにも登場し
勿論ウクレレも弾き、そして歌がとてもお上手。
大変な美声の持ち主でした。

この日の最大の注目は子ども達。
大人顔負けの演奏で末恐ろしいというか楽しみというか・・・。
きっと彼等は近いうちにメジャーデビューしそうな気がします。

これまでどんなにウクレレを勧められても
興味がわかなかった私。
今回、ウクレレの手軽さと楽しさにちょっと心が動きました。

更には、手作りのメーカー「タカハシウクレレ」のテントをひやかしていたら
ビートルズの「イン・マイ・ライフ」を試し弾きしていた男性がいて
そのあまりに素敵な音色にうっとり・・・
私もポロンとやってみたら
とても優しい音がしました。

これなら弾いてみたい!と。

家にある主人のもので練習して
上手になったら、これを買って貰おうかな、と密かに画策。
でもやっぱり三日坊主になってしまうような気がしますが。
それより主人に買わせた方が早いか・・・なんちゃって。


さて、この日はちょうど神宮花火だったので
ホテルの窓から見られると思い、それまでに帰る予定だったのが
あまりの楽しさについ長居してしまって間に合いませんでした。

その代わり(?)ホテル近くの池袋「大勝軒」で名物の「つけ緬」を
「氷結レモン」と一緒に頂きました。
店の中がいっぱいで、テラスしか空いていなかったのですが
かえってのんびりできてよかったかも。
つけめん発祥のお店だけあって
非常に美味しかったです。
こってり味のスープは後味がくどくなりがちですが
ここのはぜんぜんそんなことはなくて、さっぱりしていました。

また食べたいな~。


東京旅行その1「浅草演芸ホール」 [旅]

気づいたらもの凄く久しぶりの更新です。

金土日にかけて二泊三日で東京に行ってきました。
このところ仕事が混んでいて
なんとかそれらを無事期日までに仕上げることができたので
安心して楽しんでくることが出来ました。

まず向かったのは浅草の演芸ホール。
「八月上席 夏休み特別興行」ということで
11時30分から16時30分までたっぷり寄席を堪能しました。
早めに行ったので前から二番目の真ん中の席に座れて
手を伸ばせば握手できそうな距離で顔の表情はもちろん、しわの一本までバッチリ。

昼の部出演者は「笑点」などでお馴染みの春風亭昇太さんや
三遊亭小遊三さんなど。
86歳になられた桂米丸さんを久しぶりに拝見。
お歳を召されてもとてもお元気で
達者な話芸に会場は万雷の拍手を送っていました。

予定されていたナイツの登場を楽しみにしていたのですが
なぜかこの日はお休みだったようで
代わりに「宮田陽・昇」の二人。
ちょっとがっかり・・・?
ところがこのお二人の漫才がめちゃくちゃおもしろくて大満足でした。

最後に登場したのは噺家デキシーバンド「にゅうおいらんず」!
メンバーは先の小遊三さん(トランペット)、昇太さん(トロンボーン)、
三遊亭右紋さん(バンジョーギター)、桂伸乃介さん(キーボード)、
ドラムとベースはプロ&元プロの方、サックスは三遊亭圓雀さんの代役の女優さん。
「セントルイスブルース」や「上を向いて歩こう」など、
素晴らしい演奏と爆笑MCで、とても楽しかった!

私達は昼の部だけで帰りましたが
入れ替え制ではないので、そのまま夜の部までいても大丈夫だそうです。
たった3000円でこれほどの豪華メンバーをたっぷり楽しめる、
地方では考えられませんね~。

ツイッターでも少しつぶやきましたが
大正七年に賢治が妹トシの看病のために母と上京、
年が明けて一足先に帰る母のために
遠慮する母を促して寄席(このときは神田?)を見に連れて行ったといいます。
普段は家族の世話に明け暮れている母イチは
このひとときをどれほど楽しんだことでしょうか。

賢治はとても親孝行をしたのだと、あらためて実感しました。


さて寄席を楽しんだあとは取りあえず池袋まで行って
サンシャインプリンスホテルにチェックイン。
サンシャインシティではちょうどあの
プラネタリウム版「銀河鉄道の夜」のKAGAYAさんの新作、
「スターリーテイルズ」を上映中でしたが
残念なことに時間が合わず、見ることができませんでした(涙)。

その代わりといってはなんですが
昨日リニューアルオープンしたばかりの水族館をみてから
近所の居酒屋で夕食、生中で「乾杯~」。
良い気分でホテルに帰ってこの日は休みました。




「西の賢治会」 in 奈良! [旅]

  月あかりまひるの中に入り来るは馬酔木の花のさけるなりけり。 

  あぜみ咲きまひるのなかの月あかりこれはあるべきことにあらねど。

asibi.jpg


大正10年4月初め、東京に家出中の賢治は父・政次郎と二人で
伊勢・京都・奈良へと旅をしました。

今年1月23日、ちょうど賢治が家出をしたほぼ同時刻の列車に乗り
日の出を見ようと企てたのは「緑いろの通信」の加倉井さん。
「宮沢賢治家出90周年記念・月沈ミテ日出ズ」
何とも笑える、しかし実に素敵な企画でした。

そうか…!
じゃあその年の4月に父子旅行したのだから
その頃に伊勢・京都・奈良に行くというのはどうかなぁ…
と勝手に夢想していたのですが
なんと、ほぼそれが実現してしまいました。

“伊勢”出身の私は作家・寮美千子さんにお会いするため“奈良”へ。
“京都”在住の「宮沢賢治の詩の世界」の浜垣さんもご一緒。
主にツイッターを通して交流して頂いているお二人で、
寮さんの提案で「西の賢治会」をやりましょう、ということになったのです。
これも不思議なご縁だと思います。

私は新幹線で京都まで行き
JR奈良線で奈良駅へ。
賢治は大正5年の修学旅行の時
農事試験場を見学した後、桃山駅から乗車しています。
時間の都合で快速に乗ったので桃山駅は車窓から見ただけでした。

JR奈良駅から徒歩で近鉄奈良駅に。
「雨にもまけず」詩碑は、話には聞いていましたが
実際に見ると想像以上に可愛そうなことになっていました。

sihi.jpg

サングラスに赤い自転車で現れた寮さん、かっこよかった!

美味しいフランス料理のランチをごちそうになってから
奈良のまちを案内して頂きました。

寮さんは風邪をひかれていて
まだ治りきっておられなかったのですが
いろいろと案内して頂いて恐縮でした。

奈良公園の猿沢池ほとりで寮さんのご主人と合流。

sarusawa.jpg

途中で浜垣さんと私もレンタサイクルを借りて
4人で奈良のまちを気持ちよい風に吹かれて走りました。

東大寺、二月堂を案内して頂いて
お水取りのことなども詳しく教わり
桜満開の奈良を堪能しました。
daibutudenn.jpg


私たちが見たいと思っていたのは冒頭の短歌にある馬酔木の花。
賢治はこの奈良で桜を詠んでいません。
あえてのことなのかとも思っていましたが
寮さんによれば、奈良は東京より開花が遅いとのお話。
賢治はこの旅行の後、東京に帰ってから桜を詠んでいるので
奈良にいる時には桜はまだ咲いていなかった可能性が大きいようです。

浜垣さんが調査し、場所を特定して下さった
奈良県農事試験場跡」を見ることも今回の楽しみのひとつ。

nouzisikennzyou.jpg
見てきましたよ~。


ならまちの個性的なおじさんのお店に顔を出したり
螺鈿の師匠の所にお邪魔してお話を伺ったり…。
本物の国宝級螺鈿細工を手にとって見ることができ、
とても貴重な体験でした。

あっという間に帰りの時間がせまり
名残惜しくみなさんとお別れしてきました。

歴史と共にある美しいまち、奈良。
住みやすく、心地の良い街だと感じました。

寮さん、松永さん、浜垣さん、
お忙しいなか、ほんとうにありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。