So-net無料ブログ作成
検索選択

超かっこいいじいさん!!! [映画]

18日(月)、ポール・マッカートニーのライブのため東京へ。
ちょうどお昼には飯田橋に着き、
神楽坂の「ろばたの炉」というお店でランチ。
美味しくてボリュームたっぷり、このクオリティで1000円は絶対お得で大満足。

お腹もいっぱいになったところで、
名画を2本立てで上映してくれる「ギンレイホール」に行きました。
前から見たかった「シュガーマン」がやっていたからでした。

まずは1時25分からの
『ビル・カニンガム&ニューヨーク』
ニューヨークの街角で道行くひとのファッションを50年以上撮り続けているビル・カニンガム、
なんと1929年生まれの現在84歳!
冒頭シーンから、嬉々として魅力的なファッションを追いかけているビルの姿に不覚にも涙が。
「なんてかっこいいじいさん!」

カーネギーホールのスタジオアパートの小部屋に住んでいて
やりたい仕事ができなくなるからとお金は受け取らない。
上流階級のパーティだろうと超有名ファッションショーだろうとビルはどこでも自由自在。
どんな大女優でもつまらないファッションには見向きもしない。
地位や名誉やお金とは全く無縁の、純粋なファッションにしか興味なし。
いや、ファッションというより、そのファッションで自分を表現し、或いは鎧としている「人」そのものが
ビルは大好きなんじゃないかと思いました。

男とか女とかセクシャル・マイノリティとかステイタスを越えた「人」への愛。
ファッションを通して本質を見ている。
ただひたすら、好きなことをして生きてきた。
もしお金を受け取っていたら、どんな裕福な暮らしをしただろうか。
ビルにとってはお金は自分自身であることを妨げるものでしかない。

こんなかっこいいじいさんがいるだろうか。


感動もさめやらないまま本命の
『シュガーマン 奇跡に愛された男』
ロドリゲスは60年代後半にデビューしたミュージシャン。
ボブ・ディランに似た社会派の曲で期待されたが、全く売れず。
デトロイトでひっそりと暮らしていた。

ところが奇遇にも彼の曲は南アフリカで大ヒット。
アパルトヘイト政策で抑圧された社会に
一大ムーブメントを起こしました。
しかし彼自身は謎に包まれ、自殺したとまで言われていたロドリゲス。
やがて突き止められた彼の存在、
仕事の同僚はもちろん、彼自身もまさか彼がそんな存在とは思ってもいなかった、
そして人々の期待に応えるべく南アフリカの地に降り立つロドリゲス。


ライブ会場に響くベースとドラムの音、ステージに姿を現すロドリゲス、
大観衆がわく。
それでも、アルバムと同じ声で歌い出すまでは誰もが半信半疑、
ロドリゲスが歌い出すと歓声は最高潮に達する、

人知れず夢を追い続け、その夢が叶う。
しかし、彼もまた、お金や名誉とは無縁の世界に生きている。
重労働であっても仕事を神聖なものとして受け止め
日々質素に、誠実に生きる姿は少しも変わらない。

ああ、なんてかっこいいじいさん!!

音楽が持つ力。
人の心を動かしてこその芸術。

老若男女が心から歓喜にわく姿は
彼の歌がどれほど民衆の心に響き、慰め、活力になってきたかを物語っていました。


そしてそして、ポール・マッカートニー。
ポールのライブについてはすでにあちこちで評判になっているとおり。
史上最高といっても過言ではないライブかと思います。

ポールもまた71歳にしてあの若さとパワー!
彼自身が今でも毎日何かを学び続けている、と言ったとおり
日々を心から楽しんで
音楽を心から愛している。
ジョンとジョージの分まで、頑張ってくれていると言っても
間違っていないと思います。

あの2時間40分、37曲ぶっ続けの全力ライブは
やっぱりお金やステイタスを越えたところからしか生まれてこないはずです。

ああ、ああ、なんてかっこいいじいさん!!!


奇しくも2013年11月18日という同じ日に会った3人の「超かっこいいじいさん」に励まされて、

私もかっこいいばあさんになるぞ!!!

『風立ちぬ』宮崎駿 [映画]

宮崎駿監督映画『風立ちぬ』を観てきました。

一言で表すなら、とても美しい映画でした。

絵がとても美しい。
大正から昭和にかけての日本の風景。

賢治好きの私としては
どうしても、賢治の生きた時代の建物や乗り物が臨場感いっぱいに描かれているのを見て
それだけで感激してしまう。

野原を走る蒸気機関車の姿に、銀河鉄道を重ねてしまう。
きっと賢治も嘉内も、こんな風景を見て汽車が夜空を翔ることを夢見たのだ…と。

関東大震災による一面焼け野原の東京も
嘉内はこの惨状を目にしたのだなぁ、と。

美しい八ヶ岳。
空。
雲。

宮崎駿さんの母は韮崎の人だったそうです。

堀辰雄が恋人とともに入所していた富士見高原療養所は、
茅野と北杜の間、JR中央線富士見駅の近くにありました。
旧建物は資料館となっていたそうですが、現在は取り壊されてしまっています。
復元公開は2015年以降の予定とのこと。

二郎少年の夢のシーンから始まるこの映画は
どこまでが夢でどこから現実かが曖昧に描かれています。

思うに、私たちが生きているこの「現実」というのも
いったい何が現実で何が現実でないか。
はっきりしているようで、実は誰もが皆、少しずつ違う夢を見ているような世界かもしれません、
なんて、私なんかは半分夢心地で生きているのでそう思ってしまいます。

冒頭のシーン、二郎が気持ちよく小型飛行機に乗っていたかと思えば
突然現れた不気味な飛行物体に襲われ墜落してしまいます。

結局、最後まで二郎の飛ばす飛行機は
気持ちの良い飛行を全うすることができなかったような印象でした。

これはいったいどういうことなんだろう。
人生、これでゴールということはなく最後まで挑戦だということ?
飛行機の開発自体が持つ運命、つまり戦争という不穏な影につきまとわれるといいうこと?

飛行機の残骸や何かが落ちてくるシーンはすべて
ドシンやガシャンという効果音ではなく
人間の声でできていました。
それがまた、恐怖心を増大させられたのです。

純粋に美しい飛行機を創りたいという二郎の夢は
葛藤こそあれ、時代の流れに抗うこともできず
たくさんの前途ある若者の命を奪ってしまうことになります。

一人一人が目の前の仕事や夢や愛を追いかけて
精一杯生きているだけなのに
そしてそれが人生で最も大切なことであるというのに
「時代」は容赦なく全てを巻き込み利用し破滅へと導く。
戦争というものは、そういうものだと思う。

「日本はいったいどの国と戦争しようとしているのだろう」
という二郎のモノローグが何度か出てきたように記憶しています。


なぞのドイツ人カストルプの
「日本はチャイナと戦争したり、満州国を作ったり、国際連盟を脱退したり、すべて忘れる。破裂する。ドイツも破裂する」という言葉は何を意味するのだろう。
「すべて忘れる、破裂する」という言葉が恐ろしい。


全体を通して二郎の夢には、
イタリアの著名な航空機設計者・カプローニが夢先案内人として現れます。

関東大震災の直後には
「日本の少年よ!まだ風は吹いているか!」「はい、大風です!」
「では、生きねばならん!」

技術で20年も先を行くドイツの視察を終えてヨーロッパを経由して帰ってくるときには
「空を飛びたいという人類の夢は、呪われた夢でもある。飛行機は殺戮と破壊の道具になる宿命を背負っているのだ…」
「僕は美しい飛行機を造りたいと思っています」
「創造的人生の持ち時間は10年だ…君の10年を、力を尽くして生きなさい」

カプローニはどうしても
賢治の「銀河鉄道の夜」に出てくるブルカニロ博士と重なってしまいます。

二郎は結核の療養所から抜け出してきた菜穂子と結婚し
一緒に暮らし始めます。
エゴイズムだという上司にも「僕たちには時間がないのです…覚悟しています」
昼間一人で部屋に寝かせていることに怒る妹に
二郎は「僕らは今、一日一日をとても大切に生きているんだよ…」と答えます。



  風立ちぬ いざ生きめやも


「風が立った 生きるなければならない」


関東大震災の後、大戦への道をまっしぐらに進んでいった日本、
この状況は恐ろしいことに現在とぴったりと重なります。

東日本大震災が起こり、
経済不況に不安を煽られ、右傾化の政党に引きずられていく。
「忘れる、破裂する」と言ったカストルプの警告に、
耳を貸さねばならないのは私たち一人一人ではないのでしょうか。

夢の結晶であった飛行機は
山のような残骸となりはてる。
たくさんの若者の魂は空に消えてゆく。
これ以上の敗北があるでしょうか。

それでも、挫折した二郎の前に
亡くなった菜穂子が現れて言う、
「生きて」と。

亡くなったひとは、生きている人と共に生きる、だからこそ、
生きなければならない。

どんな時代だって同じなのだと思う。

 私は、生きることを試みなければならない。

河童のクゥと夏休み [映画]

2007年7月に公開された映画『河童のクゥと夏休み』のDVDを観ました。

今時のアニメのようなキャラクターではないところが、私は好きです。
そして会話や描写が自然で、すぐにこの話の世界に引き込まれます。

なんといっても、風景がとっても美しい。

河童といえば、賢治ファンにはやはり
すぐ思い浮かぶのは遠野。
その遠野の風景も出てきます。

それから「星めぐりの歌」!
「宮沢賢治」の名前も。
さりげなく、違和感なく、とても良いシーンで出てきます。

現代人が忘れてしまったもの、
失ったもの、
大切なものを、
小さな河童のクゥが教えてくれる、
そんな映画です。

クゥはホントに可愛くて
私の所にも、来てくれないかなぁ…
なんていい年をして思ってしまいました。

そしたら、クゥを連れて遠野に出かけていって
思う存分そこで過ごすんだけどなぁ…

映画を見終わった後も
なんだかクゥがほんとうにどこかに生きているような
そんな気がしてしまいます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。