So-net無料ブログ作成

『「イーハトーブ農学校の賢治先生」を語る』 [CD]

『「イーハトーブ農学校の賢治先生」を語る』というCDを購入しました。

サブタイトルの通り、「賢治の教え子らが語る実況録音集」で、
『証言宮澤賢治先生』の佐藤成氏・編のCDです。

ときは1982(昭和57)年1月12日
ところは花巻市「ブッシュ」
となっていて、賢治の「てんぷらそばとサイダー」で有名な「やぶ屋」さんですね。

このCDは
第一回(大正11年)から第七回(昭和3年)までの花巻農学校卒業生25名と
同僚・堀籠文之進さんによる座談会の席での録音です。

収録時間は23分という短いものですが
内容は大変興味深いものでした。

農学校で教師をしていた賢治の姿は
それぞれの胸に深く刻まれています。
その「教え」がその後の生き方にも大きく影響した生徒も少なくはないのでしょう。

賢治に、詩『風林』で
「あの青ざめた喜劇の天才「植物医師」の一役者」
と言わしめた長坂(川村)俊男さんや、
バナナン大将・平来作さん、
亡くなる10日前に、有名な深い手紙をもらった柳原昌悦さんなどなど。
それぞれの賢治の姿を生き生きと語ってくれています。

この歌を作った時に歌った賢治の声を
ありありと覚えているという平来作さんの独唱「青い槍の葉」と
最後に全員で斉唱する「精神歌」は感動します。

彼等の歌う声を、
賢治はきっと目を細めて聴いていんただろうなぁ、と思うと
涙が自然と流れてくるのでした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。