So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

よだかの星 [童話]

『よだかの星』は自己犠牲の話だと
ずっと思っていました。

よだかは「灼けて死んでもかまいません」と何遍も言い、
最後には「燐の火のような青い美しい光になって、しずかに燃え」るのです。

燃えることが自己犠牲、というのは
仏教説話の、仏様に供養するものを探せなかった兎が
自ら火の中に飛び込んで我が身を差し出すというものや
賢治の『グスコーブドリの伝記』などから
そのように思ったのだと思います。


しかし、実際には『よだかの星』には
どこにも「誰かのため」ということは出てきません。
強いて言えばよだかが小さな虫を食べなくてすむように
自ら死を選ぶこと、と言えなくもありませんが…。


前回にも触れたように
「ワルの集い」にて松田司郎先生のお話を聞かせていただいて
その考えが変わりました。
それは私にとって衝撃的な転換でした。

その考えが当てはまるかどうかを確かめるために
帰ってから『よだかの星』を読み直してみました。

…どうしてもよだかを賢治に重ねてしまいます。

今まではお話だと思ってさらっと読んでいましたが
もしここに綴られていることが賢治の苦しみと悲しみであったなら…
と思うと、なんとも辛くなりました。

「へん、また出てき来たね。まあ、あのざまをごらん。ほんとうに、鳥の仲間のつらよごしだよ」…
弟妹は美しいのに、自分は醜く
鷹でもないのに名前はよだか。

名家に生まれたのに、家業が嫌で跡継ぎにもなれず
題目を唱えながら寒行をするために後ろ指を指され
陰で変人とかバカ息子とか言われ、あるいは面と向かっても言われ。

賢治はどうやら自分の名前が嫌だったらしいが
鷹には名前を「市蔵」に変えろと言われるよだかは
「宮沢家」の、「賢く治める」という名前が重荷だったという裏返しか?

虫を飲み込む時、ぞっと感じるよだかは
保阪嘉内にあてた手紙にある「喰われる魚」を飲み込む賢治を連想する。

やっぱり賢治はよだかに自分を投影したに違いないと思えてくる。

あまりの悲しみに
燃えて空の微塵に散らばりたい、と願ったのだろうか。
消えてしまいたい、と逃避したのだろうか。
そしてその思いをこの物語にしたのだろうか。

いや、違う。

よだかは最初、太陽に向かって行き、連れて行ってくれと頼む。
灼けて死んでもかまわない、このような醜いからだでも
灼けるときには小さなひかりを出すはず…というのは逃避願望?

しかし、である。

星に頼んでみろといわれ、
夜になって西のオリオンに頼む。
少しも相手にしてもらえない。

南の大犬座に頼む。
馬鹿をいうな。おまえのはねでは億年兆年億兆年だ。

北の大熊座に頼む。
少し頭を冷やしてこい。コップの中へ飛び込め。

東の鷲の星に頼む。
話にならん。身分と金がいる。

…よだかはかわいそうでしょうか。
いいえ、他人を当てにして、空の高いところへ行こうなんて
誰の願いが叶うものですか。

そうして、よだかは最後には自分の力で、
まっすぐに空へ登っていくのです。

どんなに苦しくても
寒さにからだがしびれてもただまっすぐに飛びました。

いつかよだかは自分のからだが燐の火のような青い美しい光になって、
しずかに燃えているのを見るのです。
いつまでもいつまでも燃え続けました。
そして今でも…です。

考えてみればよだかは
「灼けて死んでもかまわない」と思ったのであって
「灼けて死ぬ」ことが目的なのではありません。


今のままの姿を壊し
新しい自分になりたい、と願うことは
自己犠牲なんかではありません。
現実逃避でもありません。

自分自身と戦って
勝ったものだけが新しい自分に生まれ変われるのです。

よだかは誰にも頼らず
勇気を振り絞って空の闇に向かいました。
そしていつしか自分が輝くのを見たのです。

闇とは、自分の心の中にあるのですから。

よだかが星になるということは
そういうことではないでしょうか。

正しいかどうかはわかりません。
ただ、私はこの物語をそう読みたいのです。

そして、また私自身も
よだかのように、まっすぐに飛んでいく勇気を
持ちたいと思ったのでした。

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 4

kuma

 縦にとまる変な鳥、学校の屋根にとまって鳴いている夜鷹は、夏の夜は毎日来ていました。

切り妻屋根の上に止まった影を、星明りをバックに見る事ができました、影はプロフィールでした、棟に縦にしか止まって、そして甲高い声で鳴き続けていました。

 「よだかの星」の星を初めて読んだのは何時か、物語と、夜の鳴き声と影をどう結びつけていたか、今はまったく記憶がありません。

 signalessさん、賢治フアンの方々のブログを読んでいると圧倒されますが、「・・身の丈に合わせて・・・ ・・・たのしく遊べば、それでいい」(つめくさの道しるべ、井上ひさし)の通りにこれからも、ブログも楽しませていただきましょう。

 谷口秀子さんの「よだかの星」が入っているCDを注文しました。
by kuma (2011-03-05 11:47) 

signaless

kumaさん、ありがとうございます。
私はよだかの姿は写真や動画でしか見たことがありませんが、
鳴き声はキャンプに行った時、テントのなかで聞きました。

賢治は鳥や植物の名をたくさん作品に記してくれているので
それらを自分の目や耳で実際に確認することも楽しみのひとつです。

知ったかぶりでいろんなことを書いていますが
他の方々から教わることばかりで
自分はいったい賢治作品のどこを読んでいたんだろう、とか
そんなことも知らなかった、ということばかりで
しょっちゅうガックリしています。

岩手の自然も刻々と失われていくような気がしますが
賢治の時代とほぼ変わらないものを、肌で知っているということは
何ものにも代え難いと思います。
今、いくら私が岩手に行ったところで
それは賢治の見た景色とはかなり違うと思います。
一度失われた自然は二度と同じようには戻りませんものね。
by signaless (2011-03-05 16:45) 

放坊秀樹

よだかの星


ぼくもそのように読みたいです。

悲しみの中にも希望をけしてなくさないことが賢治さんの一貫していたところで、そこがぼくの彼を愛さずにはいられないところの一つですから。


賢治さんの「よだかの星」への愛のこめらた解釈、ありがとうございました。


放坊秀樹

by 放坊秀樹 (2012-05-31 13:15) 

signaless

放坊秀樹様

コメントありがとうございます。

「悲しみの中にも希望をけしてなくさないことが賢治さんの一貫していたところ」…ほんとうに、その通りですね。

久々に自分の一年以上前の記事を読み返し、
私も流されていないで頑張らなきゃ、と思いました。
by signaless (2012-05-31 17:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。