So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

文語詩「隅田川」 [詩]

賢治の文語詩に「隅田川」というのがあります。

 水はよどみて日はけぶり
 桜は青き 夢の列(つら)
 汝(な)は酔ひ痴(し)れてうちおどる
 泥州の上に うちおどる

 母をはるけき なが弟子は
 酔はずさびしく そらを見る
 その芦生への 芦に立ち
 ましろきそらを ひとり見る

この文語詩のもとになったのが
「東京」と題された短歌7首で、そのうちの3首。

 青木青木はるか千住の白きそらをになひて雨にうちよどむかも。

 雲ひくく 桜は青き夢の列 汝は酔ひしれて泥州にをどり。

 汝が弟子は酔はずさびしく芦原にましろきそらをながめたつかも

汝とは恩師関教授のことで、
「母をはるけき」が下書稿では「甲斐よりきたる」とあることから
弟子とは保阪嘉内のことではないかとされ、
つまりは3人で花見をしたのではないかという推測です。
以前は私もそのように思っていました。

しかし、最近ではちょっと違うように思えてきました。

大正10年4月、賢治は家出中。
上京してきた父と二人で関西方面に旅行に出かけ、
東京に戻ってからすぐにこれらの短歌を作りました。

上野駅で父を見送った後、大都会東京でまたひとりぼっちになった賢治の
心細く淋しい心情を歌ったものだと思うようになりました。

「千住」が東北方面を意味する※ならば
「はるか千住」とは故郷に帰っていった父のことではないでしょうか。

そして上野駅から自分の下宿への帰り道、
あるいは下宿から国柱会への通い道、
東京=泥州の街で喧噪に浮かれる人々をみて
ちょうどその頃見頃を迎えていた桜の花見にたとえて
うちおどると歌ったのではないでしょうか。

「母をはるけき」の部分の下書き稿の変化については
「甲斐であれ越であれ、それは故郷を意味する」とする
大角修氏の説にはうなずけます。
そして「なが弟子」とは、法華経信者である自分=賢治のこと。
つまりは最初の「汝」と2番目の「な(汝)」とは違うのだと思います。

ある種の希望を持って家を飛び出してきたものの
友もおらず、国柱会の人々ともなじめない。
大都会の真ん中で、ひとりさびしくそらを見る賢治の孤独は
一人故郷へ帰っていく父を見送った直後だからこそ
いっそうきわだった心情ではなかったでしょうか。

    
      ※大角修著『「宮澤賢治」の誕生』P178


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。